동북아시아지역자치단체연합 로고

全羅南道

会員自治体 大韓民国 全羅南道

金瑛錄(金・ヨンロク)

  • 国名大韓民國
  • 自治団体名全羅南道
  • 体長名金瑛錄(金・ヨンロク)

シンボル

シンボル
シンボルマーク 道の花 道の木 道の鳥 道の魚
シンボルマーク 道の花-椿

椿

道の木-イチョウ

イチョウ

道の鳥-キジハト

キジハト

道の魚-マダイ

マダイ

沿革

  • 1018年 海陽道と江南道(全北)を合わせて全羅道と呼ぶ
  • 1895年 全羅道は、全州府、南原府、羅州府、濟州府に分けられる
  • 1896年 13道制の実施により全羅道が南北2道に分割され、南部地域を全羅南道と称する

地域特性

  • 大韓民国の南西部に位置する。海を越えた西側では中国と、南東では日本と向かい合う北東アジアの中心で、ユーラシア大陸の起点であり、太平洋へ進出する際の玄関口でもある。
  • 河川は、南西部と西北部に広大な平野を形成して肥沃な土地から様々な農作物が生産される。特に、栄山川流域の羅州平野は、全羅北道の湖南平野と共に韓国屈指の穀倉地帯を形成している。

一般概況


区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:12,344㎢(2019年現在)
  • 位置:朝鮮半島西南端 東経125°~127° 北緯33°~35°
  • 気候:温暖多湿な温帯気候 年平均 気温14.2℃(最高:35℃、最低:-11℃) 年平均 降水量 1,100~1,500mm
人口
  • 人口: 1,851,124人(2020.09.30.現在)
  • 世帯数: 887,358世帯
主要年中行事
  • 康津青磁文化祭(康津)、咸平蝶祭り(咸平)、珍島神秘の海割れ祝祭(珍島)、南道食べ物文化フェスティバル(順天)、潭陽竹祭り(潭陽)、霊岩王仁文化祭(霊巌)、張保皐祭り(莞島)、鳴梁大捷祭り(海南、珍島)、順天湾葦祭り(順天)、梅文化祭り(光陽)
主要観光地 文化遺跡
  • 多島海:紅島、黒山島、曽島、白島、梧桐島 など
  • 寺:道岬寺、大興寺、白羊寺、仙巌寺、松広寺、鷰谷寺、雲住寺、泉隠寺、天皇寺、天冠寺、華厳寺など
  • 歌辞文学地:兔仰亭、松江亭、息影亭、瀟灑園など
  • 陶磁器文化地:康津青瓷、宝城甕器、務安粉青沙器など
  • 伝統美術文化地:珍島雲林山房、海南緑雨堂、木浦南農記念館など
  • 馬韓文化遺跡(古墳群、王冠など)、百済文化遺跡(霊岩王仁博士遺跡地)
  • その他観光地: 和順支石墓、順天楽安邑城、海南牛項里恐竜化石地、地の果て村、莞島尹善道遺跡地、宝城茶園など

経済現況


区 分 内 容
経済水準(2019年基準、実質、推定)
  • GRDP : 74,638,452百万ウォン
  • 1人当たりGRDP : 43,323千ウォン
産業現況(2019年暫定)
  • サービス業 63.2% 鉱業及び製造業 23.7% 建設業 11.9% 農林漁業 1.2%
主要産品
  • 金属素材加工、石油化学基盤、高分子素材、バイオ食品、エネルギー設備

その他

連合担当部署

  • 担当組織:国際協力官
  • 住所:1, Oryong-gil, Samhyang-eup, Muan-gun, Jeollanam-do, 58564, Republic of Korea
  • 電 話:+82-61-286-4738
  • F A X:+82-61-286-4738
  • インターネット ホームページ : http://www.jeonnam.go.kr