동북아시아지역자치단체연합 로고

忠清南道

会員自治体 大韓民国 忠清南道

梁承晁

  • 国名大韓民國
  • 自治団体名忠清南道
  • 体長名梁承晁

シンボル

シンボル
シンボルマーク 道の花 道の木 道の鳥
シンボルマーク 道の花-菊

道の木-松

道の鳥-オオタカ

オオタカ

沿革

  • 1356年 忠清道に改称
  • 1896年 13道制の実施により忠清北道と分離され忠清南道が誕生
  • 1932年 道庁を公州から大田に移転
  • 2012年 燕岐郡と公州市長岐面・儀堂面・反浦面を世宗特別自治市に昇格・分離
  • 2013年 道庁を大田から内浦新都市に移転(現在、8市、7郡)

地域特性

朝鮮半島南部の中央部に位置し、嶺南(*慶尚南道)と湖南(*全羅道)に通じる三南の関門とされ、韓国交通の要所である。

一般概況

区 分 内 容
地勢及び気候
  • 面積:8,229㎢(2019年現在)
  • 位置:朝鮮半島の中央部西側 北緯 35°58′~ 37°03′ 東経 127°38′~ 125°32′
  • 気候:年平均気温 11.9℃、降水量1,100~1,300㎜
人口
  • 人口: 2,120,559人(2020.09.30.現在)
  • 世帯数: 977,399世帯
主要年中行事
  • 百済文化祭(公州、扶余)、人参祭(錦山)、マッド(泥)祭り(保寧)、東鶴寺春の花祭り(公州)、恩山別神祭(扶余)、梅軒文化祭(礼山)
主要観光地 文化遺跡
  • 鶏竜山国立公園、泰安海岸国立公園、独立記念館、温陽民俗博物館、扶余定林寺址五層石塔、瑞山磨崖三尊仏、武寧王陵、潅燭寺など

経済現況

区 分 内 容
経済水準(2019年基準、実質、推定)
  • GRDP : 113,564,245百万ウォン
  • 1人当たりGRDP : 52,402千ウォン
産業現況(2019年暫定)
  • サービス業 62.5% 鉱業及び製造業 26.7% 建設業 10.1% 農林漁業 0.7%
主要商品
  • 自動車部品、印刷電子、動物食医薬、デジタル・コンテンツ、ディスプレー

その他

連合担当部署

  • 担当組織:国際通商課
  • 住所:21 Chungnam-daero, Hongbuk-eup, Hongseong-gun, Chungcheongnam-do(32255), Republic of Korea
  • 電 話:+82-41-635-2251
  • F A X:+82-41-635-3041
  • インターネット ホームページ : http://www.chungnam.net